HOME > 転職・再就職

人の紹介・人脈・コネによる再就職

新卒の就職活動と違って、転職は人脈・コネによるものが多い。
やはり、信用できる人間の紹介に勝る人の「信用力」はないのだから。

退職して、仕事を探していたら、まずは社内で部署が変わって疎遠になった同僚、取引先、親戚・友人・知人らに仕事を探している旨を伝えよう。
(退職前にやりすぎてしまうと、その会社内でいろいろと問題になるので、注意が必要)
直接仕事を紹介してもらえなくても、人を探している誰かを紹介してくれたり、何らかの力になってくれるハズ。

ただ紹介ではじめた仕事は辞めにくいなどの別の制約もあるので、安易にコネに頼ってしまうのも注意が必要。


転職・再就職の他の記事

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.taishoku.biz/mt/mt-tb.cgi/32

コメント

このサイトで説明しているとおりで、確かに会社を辞めるとなると複雑な手続きが多くてスムーズにやめられないんですよね。やめたあとでも書類を役場に持っていったり、再就職の説明会に行かないと給付金をもらえなかったり初年度は会社の補助がなくなるので自己負担の税金の多さに驚いてしまいます。これでは求職中に多くの蓄えががなくては生活していくことはできませんよね。矛盾していると思います。会社を辞めたいと考えている方は、2~3ヶ月の生活を安定させることができる貯蓄を持ってから会社を辞めたほうが良いと思います。なかなか給付が支払われませんし、会社に負担してもらっていた税金を自分で払うことになるのでその金額の多さにびっくりしてしまいますから。

投稿者 : 2005年12月13日 11:37

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)