HOME > 税金

住民税の納付

住民税は、確定した前年の所得を計算して、6月から翌年の5月にかけて納付する後払いのシステムになっている。
会社員は、住民税を毎月の給与から天引きされるが、退職した場合は、何月に退職するかによって、退職した後の住民税の納付方法が異なるので注意が必要だ。

<1月から5月の間に退職した場合>

残りの住民税は、会社が一括して天引き徴収する。

 5月までの残額を退職時に一括納入
 (最後の給料で天引きされる)


<6月から12月の間に退職した場合>

納付方法は2種類あり、退職時に、いずれの方法を選ぶか会社を通じて、役所に届出が必要。

 1)退職するときに会社に一括で支払う

6月に退職してこの方法を選択すると、翌年5月までの1年分の住民税を、まとめて支払うことになる。


 2)役所に分割払いで納付する

退職した後に、役所から納税通知書が送られてくるので、通知に従って納付する。


税金の他の記事

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.taishoku.biz/mt/mt-tb.cgi/26

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)