HOME > 税金

退職金にかかる税金

退職金も一時所得なので、税金がかかってしまう。
ただ、給与所得とは分離して課税する分離課税方式で税額が決まる仕組みになっている。

分離課税のほうが、通常の所得税よりも一般的に税率は低くなっている。
長年の勤続の労をねぎらう意味で、ということが通説だが、離職率が高い現代ではあまりその意味合いは薄い。

<計算式>
課税対象となる金額=退職金額 - 退職所得控除額 × 2分の1


退職所得控除額は、勤続年数に応じて決まる。

勤続年数が20年以下の場合、控除額の算出方法は、40万円×勤続年数となる。
勤続年数が20年を超えると、800万円+70万円×(勤続年数-20年)となる。

※ 勤続年数によって、非課税の場合もあるので、確認が必要

<参考ホームページ>
退職金にかかる税金(国税庁)


税金の他の記事

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.taishoku.biz/mt/mt-tb.cgi/25

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)