HOME > 年金

国民年金の種別変更手続き

厚生年金から国民年金への手続きは、自分の住民票がある市区町村の国民年金の窓口で行う。

持参するものは、、退職の際に会社から受け取った年金手帳、離職票(もしくは退職証明書)、印鑑。
書類の不足などがある場合は、窓口で相談したほうが早い。
また、配偶者がいる人は、手続き方法が異なる場合もあるので、確認が必要。

離職中で、経済的に困難であれば、免除してもらう方法もある。
役所で申請書を記入し、その申請が通過すれば保険料は免除される。
ただ、免除期間に応じて給付される金額も少なくなるので、経済的に払えるのであれば払ったほうがよい。


再就職をしたら、会社に年金手帳を提出し、厚生年金に加入する。
厚生年金の事務手続きは会社が行うので、自分で行う必要はないが、疑問点などがあれば役所に相談しよう。


年金の他の記事

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.taishoku.biz/mt/mt-tb.cgi/23

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)