HOME > 年金

厚生年金から国民年金へ

会社を退職すると、自動的に厚生年金から脱退したことにある。
転職先がすでに決まっている場合は、健康保険と同様に次に会社で厚生年金に加入するからよいのだが、失業期間がある場合は、国民年金への種別変更手続きが必要になる。
(「国民皆年金」の原則)

年金はもらえる、もらえないなどさまざまな問題を抱える年金制度だが、加入はやはりしておいたほうがよい。
老後のためだけではなく、病気やケガで障害が残り、仕事に就けなくなったときに「障害基礎年金」や、 配偶者や子供を残して死亡したときに「遺族基礎年金」によって遺族が生活保障を受けられるなど保険としての制度も兼ねている。
長期に加入を怠ると、将来の受給額の減少や、受給資格に満たないこともあるので手続きはきちんとしておいたほうがよい。


年金の他の記事

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.taishoku.biz/mt/mt-tb.cgi/21

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)