HOME > 退職届け/願いの書き方

退職願い・届けの注意事項

退職についての上司の承認を得て、退職日も決まったら、ここで初めて退職願を書く。
会社によっては、退職日の○日前(通常2週間~1ヶ月前)までに退職願いを提出するという決まりがあるので、注意すること。

退職願はある程度、形式・フォーマットが決まったものなので、無理にオリジナリティーを発揮する必要もない。

会社に所定の退職願の用紙がある場合はそれを使う。
ない場合は、白で無地の縦書きの便箋を使う。
筆記用具は、黒のボールペン・万年筆・サインペンなどを使い、封筒も白の無地で表に「退職願」、裏に正式な部署名・課名・氏名を書く。

退職願いは、会社の社長宛てに書く。
そして、直属の上司に手渡しをする。郵送や、机の上においておくなどということは決してしないように。


退職届け/願いの書き方の他の記事

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.taishoku.biz/mt/mt-tb.cgi/9

» またも、増える失業者。日本通運の早期退職 from 稼ぐインターネット
日本通運は4日、管理職を対象に9月20日から募集していた早期退職に、想定していた300人を大きく超える541人の応募があったと発表した。期限は10月15日... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年12月02日 13:15

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)