HOME > 上司・同僚への意思表示

上司に引き止められたら

部下を管理することも、管理職の役割だから、退職の意思を表明したとしても、すんなり受け入れられることはない。
さまざまな形で、上司や、もしくはその上の上司まで出てきて、説得工作を取られるかもしれない。

会社・上司にとっては、貴重な従業員が減るのだから、よほどリストラで人員削減を進めている会社でなければ、部下の退職を心から歓迎する上司などいない。

会社によっては、部下が退職を口にしたときの説得マニュアルも存在し、手を変え、品を変え、引止めにかかるだろう。

どんな風に引き止められても、退職の意思が固ければ、断固自分の意思は貫くべきだ。
もし、ここで説得させられてしまうようであるなら、はじめから退職など考えないほうがいい。

自分の意思を貫き、とことんお互いに納得するまで話合うこと。
上司が取り合ってくれない、いつまでたっても話が進展しないなど、止むを得ない場合は、見切りをつけて、退職願を出してしまうしかない。
(極力、このケースは避けたい)


上司・同僚への意思表示の他の記事

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.taishoku.biz/mt/mt-tb.cgi/7

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)